産後骨盤矯正とは

 

 産後骨盤の矯正とは・・・・妊娠や出産にともなう骨盤の歪み、開きを正し締める矯正です。

 

妊娠をすると、妊娠の中期〜臨月にかけて「リラキシン」と呼ばれるホルモンが大量に分泌されます。

このホルモンは産道を確保するために恥骨結合や仙腸間接などを中心に全身のじん帯を緩める作用があります。

靭帯を弛緩させる女ホルモンが分泌され、5〜6ヶ月頃に子宮が大きくなり骨盤内部の圧力が高まり骨盤上部がが徐々に開き始めます。

また、出産の準備としてさらに赤ちゃんを通りやすくする為、産道が広がっていきます。この為、同時に骨盤全体・恥骨が広がってしまうのです。骨盤下部が大きく広がり逆三角形をしていた骨盤が四角い台形になり、内蔵が下がることによって働きが鈍く代謝が悪くなり、また余分な脂肪が付き体型が変わります。

出産後、自然治癒力の働きにより徐々に妊娠前本来の体つきに戻ろうとするのですが、元々お体に歪みがあったり、産道の広がりの状況などによりうまく元の形に戻りにくくなってしまい全体的に体のラインが変わった、大きくなったと感じることが多いのです。

骨盤、股関節が広がることが要因で様々な産後のお悩みに繋がって行くことが多いのです。

 

出産後、骨盤の働きが柔らかいうちに骨盤・ボディバランスを調節し、一番状態の良いボディバランスに戻してあげましょう。

より太りにくく骨盤周りが引き締まったスッキリとしたボディラインに。

 

また当店の矯正では、引き締めながらヒップアップを行うことで出産前よりも小尻にそして姿勢美人を目指します。

産後の骨盤矯正とは、産後太り

 

お客様に合わせた骨格チェック、姿勢チェックを行った後、全身の筋肉、骨格をほぐしストレッチします。

歪んだ箇所を元の位置に戻すように集中的にトレーニング、開いた骨盤を矯正し、骨盤を締めます。

開いた骨盤を正常な位置に戻し股関節の稼働域を正常に戻し全体的にバランスを整えます。

産後付番矯正に関するQ&A

お子様連れで安心 産後骨盤矯正

お子様連れで骨盤矯正

産後の骨盤矯正

産後骨盤矯正

産後骨盤矯正やお子様を預けるのにお母様は不安なこともあるかと思います。ご不明なことがございましたら、詳細な事でもお問い合わせ下さいませ。